2016年7月30日土曜日

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』

★★★★☆

前作は映画館で観ていますが、その後テレビやDVDなどでは1度も見直す機会はなかったので、20年前のかすかな記憶が残っているだけです。
はっきり言って細かいストーリーは覚えていません。都市全体を覆うような異星人の宇宙船が現れて、人類が壊滅的な状況に追い込まれること、元パイロットであるアメリカ大統領自ら戦闘機に乗って戦うこと、エイリアンの姿は出てこないのかと思ったら最後にちょっとだけ出てきたこと、ただ一人のヒーローやチームが活躍するのではなく色々な立場の人たちの物語を追う群像劇であること、などがかろうじて思い出せます。

で、今回の作品は前作の20年後を描いた続編なので、共通の登場人物が何人か出てくるのですが、私が覚えているのはジェフ・ゴールドブラムだけ。前作で戦闘機に乗った元大統領が同じ役者さんなのかは見てもわからないし、20年ぶりに意識を取り戻した科学者に至っては「この人は誰?」というありさま。
でも、前作とのつながりがわからなくても楽しめる作りだったと思います。

群像劇なのは今回も同じで、「ああ、そういえば前作もこんな雰囲気だった気がするなあ」と、ちょっと懐かしい感じ。どうやら私は群像劇スタイルは好きみたいです。

全体的なスケール感や、アクションエンターテインメント映画としてのクオリティも、大ヒットした前作と同等だと思います。

ただ、20年前と今ではアメリカという国の状況が大きく違います。
前作のときも「アメリカ人って、ここまでアメリカ最高!アメリカは偉大なり!っていう映画を、よく恥ずかしげもなく作れるね」と私の周りでは話していました。それは、実際に国際社会の中で1番影響力のあるアメリカが調子に乗っているという意味でした。

今作もブレることなく「アメリカ最高!アメリカは偉大なり!」という映画に仕上がっているのですが、今回はどちらかというと当時と比べるとパワーが落ちているアメリカ国民に向けての"国威発揚"という意味に思えます。
その目線でこの映画を見てしまうと、出来過ぎたストーリー展開はむしろイタイ印象になってしまうから不思議なものです。

ところで、この映画のタイトルのカタカナ表記『インデペンデンス』の"デ"が気になって仕方がありません。英語の発音からすると"ディ"の方が近いと思います。前作も"デ"だったようなので、続編も同じ表記にせざるを得ないのでしょうが。


公式サイトは、こちら。







2016年7月24日日曜日

『ロスト・バケーション』

★★★★☆

予告編を観たときから、観に行くことを決めていました。

なかなかよかったと思います。
干潮時だけ海面から出ている岩の上で、いかにサメから逃れるかという究極のサバイバル映画で、それ以外の要素はほとんどありません。
ストーリーの都合上、主人公がなぜそのビーチに来たのかという背景説明の要素とサーフィンのシーンにそれなりの時間をとっていますが、それは前フリに過ぎません。という割に、サーフィンのシーンが結構本格的でカッコよく、美しかったです。

こういう究極のサバイバルもので私が期待するのは、「よくその作戦に気づいたなあ」とか「限られた状況の中でよくそれが実現できたなあ」とか「確かにその作戦なら効果があるよね」とか。意外性と納得感といえばいいでしょうか。

そいういう意味では、この映画の場合ちょっと状況が限られすぎていた気がします。サーフィン中なので身につけているものもごくわずか。おのずと、作戦が限られてきます。正直、ものすごく意外性と納得感のある作戦ではなかった気がします。
せめてもう少し何か持っていたら、色々なバリエーションが出せて私好みになったと思うのですが、まあそれは制作者の意図とは違うのかもしれません。

ともかく、ほぼ全編ずっと緊張感があって、独特の恐怖感を堪能できました。それにしても、サメってあんなにしつこくつきまとうものなのでしょうか。

映画のタイトルは原題では"The Shallows"。浅瀬という意味のようですね。邦題として『ロスト・バケーション』としたかった意図はよくわかりますが、若干説明的すぎるかなあ。

公式サイトは、こちら。
http://www.lostvacation.jp/splash/





2016年7月2日土曜日

『エクス・マキナ』

★★★☆☆

この作品の存在は知っていて気になっていたものの「SFホラー」と銘打たれていたので、怖いなら観るのはやめておこうと思っていました。でも、Facebookで友人が観たことを知り、負けじと(というわけでもないのですが ^^;)観ることにしました。

そもそも"EX_MACHINA"が何だかわからず調べてみたところ、"機械仕掛けの"というような意味らしいですね。

さて作品は、要は「AIはやっかいだ」という内容なのですが、AIのどういう性質がどのように危険だというメッセージなのか、あるいはそういったメッセージを発信する意図はないのか、正直よくわかりませんでした。

ただ、雰囲気はかなりよかったと思います。
女性型ロボットAvaの透明なボディは面白いと思いました。彼女はとにかく姿勢がよく動作がゆったりしていて、床に座るときは正座をします。その振る舞いに"所作"のようなものすら感じました。
閉鎖された空間の中で、ごく少人数でストーリーが展開する作りも好きです。

星は一応3にしましたが、3と4の間ぐらいの印象でした。

結局「SFホラー」といっても、私にとってはそれほど怖いとは思わない(少なくともホラー映画の怖さではない)作品でした。


公式サイトは、こちら。
http://www.exmachina-movie.jp/index.html