2017年12月30日土曜日

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

★★★☆☆

なんだかんだで相当盛り上がっている雰囲気で、しかも"シリーズ史上最も衝撃的"などとあちこちから聞こえてくるので、気になって早めに観に行ってしまいました。しかもIMAXで。

実際に観てみて思ったのは、やはり自分は『スター・ウォーズ』シリーズには昔も今もそれほどハマっていないということ。というのは、今回の『〜最後のジェダイ』を観ても特に"衝撃的"だとは感じなかったのです。
テレビで、初日に本作を観た観客の方が「これまでどういう展開になるかファンの間で散々議論されてきたのですが、その斜め上を行っていた」とコメントされていたのですが、自分の感覚では、普通にありうる展開でした。
この感じ方の差は『スター・ウォーズ』の世界観や"らしさ"をどれだけ深く理解しているかによるのでしょう。

あとは、3部作の2作目というのはなかなか難しいですね。独立した一つの作品として起承転結はあるものの、最終的にどう帰結していくかは次回作に持ち越しなので、観終わったあとも意外とスッキリしないというかフワフワした感じというか。


公式サイトは、こちら。
http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

『探偵はBARにいる3』

★★★★☆

シリーズ三作目ですが、相変わらずよくできたエンターテインメントですね。
謎解きの要素も少しあり、意外とちゃんとしたアクションもあり、笑いの要素もあり。

大泉洋さんの2枚目半なキャラクターは、この人にしかできない気がします。今後、このシリーズがどこまで続くのかわかりませんが、寅さんと渥美清さんのような切っても切れないキャスティングだと思います。

松田龍平さんの飄々としたやる気がない雰囲気も1作目から完成されていましたが相変わらず。

北川景子さんも怪しさや不幸な過去や、裏に色々とある一筋縄ではいかない美女役がよかったと思います。

作品全体のトーンがブレない感じが、いい意味で連続ドラマの3話目みたいだと思いました。

公式サイトは、こちら。
http://www.tantei-bar.com

『泥棒役者』

★★★☆☆

嘘をつきまくってどうにかつじつまを合わせていくというタイプのコメディ作品は、それなりの頻度で登場してきます。『鍵泥棒のメソッド』とか『エイプリルフールズ』とか『THE 有頂天ホテル』とか…。
どうも自分はこのテの作品が好きらしく、そっち系の作品らしいということがわかると観てみたくなります。

で、『泥棒役者』ですが、んー、面白い作品を色々と観て目が肥えてしまったのかもしれませんが、もうひと頑張り、というか、この設定ならもっと面白くなりそうな気がしてしまいました。
結構早めに嘘であることがバレてしまうのですが、嘘を楽しむために映画館へ足を運んだ私としては「そこでバラしてどうする?!」という気分でした。

限られた場所に登場人物が入れ替わり立ち替わりする作りは、舞台っぽいと思いました。

この作品を観にいく前、映画レビューサイトでチェックしたところ、レビューの評価は結構高くて期待したのですが、あれは関ジャニのファンの人の点数だったのかなあ。


公式サイトは、こちら。
http://dorobou-yakusha.jp

『バーフバリ 王の凱旋』

★★★★☆

インド本国で歴代最高の興行収入成績を叩き出したというインド映画。2部構成の2部目。

インド映画が日本で公開されるときは、なるべく観に行っているのですが、1作目の『バーフバリ 伝説誕生』が公開されたときはまったく気づかず、後で動画配信で観ました。
その内容が面白かったので、2作目は絶対映画館で観ようと決めていました。

いやあ、すごかった!!星5つに限りなく近い星4つ。
ひとことで言うと歴史大河ものということになると思いますが、おそらく史実には基づいていないフィクションだと思います。基本的なストーリーは王族内での権力闘争で、ドロドロしているし残酷なシーンもちらほらありますが、そこはインド映画、とにかくド派手です。

話の展開がジェットコースターのようで、今のバーフバリの時間軸とその父親のバーフバリの時間軸が両方出てくるので、結構めまぐるしいです。
主人公のバーフバリは、スーパーサイヤ人か?!とツッコミたくなる超人的な強さで、しかも正義感にあふれ民にも優しいというスーパーヒーロー。
話の展開も主人公のキャラクター設定も、かなりリアリティに欠けるというか振り切っちゃってるのですが、それもインド映画なら許せてしまいます。
インドでは、お客さんが興奮して叫び声をあげたりするそうですが、この映画はさぞ絶叫がすごかったことでしょう。

インド映画ならではの踊りのシーンもあることはありますが、最近のインド映画はどれも結構控えめな気がします。あるいは、日本上映版はダンスシーンをカットして上映時間を短くしているかもしれません。

インド映画はクセがあるのでなかなか万人にオススメできるものではないのですが、異質のエンターテインメントを楽しみたい(楽しめる)方は、一度体験してみるといいかも。


公式サイトは、こちら。
http://baahubali-movie.com

2017年12月10日日曜日

『クボ 二本の玄の秘密』

★★★☆☆

日本を舞台にしたアニメーションで、世界での評価が高いというので、気になって観てみました。

一応星3つにはしたのですが、自分としては2.5ぐらいで、あまりピンとこなかったというのが正直なところです。

時代設定はよくわかりませんが、侍がいる時代の日本が舞台で、かなり色々と調べて作ってあることは想像できますが、近づけば近づくほどちょっとしたゼスチャや言葉の言い回しに西洋的なものが入っていると気になってしまいます。

映像的には、ストップモーションアニメとCGを混ぜ合わせたような作り方をしているようですが、映画を観た後で公式サイトを見て、そういえばストップモーションアニメだったと思い出したぐらいに自然でした。でもこれはいいことなのか悪いことなのかわかりません。行き着くところまで行くと、ストップモーションアニメと3DCGアニメは区別がつかなくなり、そんなことはどうでもいいことになりそう。

ということで、海外の人が日本を一生懸命研究して作ったことや、ものすごく手間のかかるストップモーションアニメであることなど、制作の裏側の苦労を含めると素晴らしいと言えると思いますが、普通に観ると普通の作品に見えてしまいました。

この作品、一番行きやすい映画館が新宿バルト9で、今回初めて利用しました。ビルの9階なのですが、1階にすごい行列ができていて、エレベーターでお客さんをピストン輸送している状況。スタッフの案内も初めて利用する私にはイマイチよくわからず。上映時間が迫っていたこともあり、焦りました。結果、ちょっとネガティブな印象が残ってしまいました。


公式サイトは、こちら。
http://gaga.ne.jp/kubo/

『GODZILLA 怪獣惑星』

★★★☆☆

なかなか面白かった『シン・ゴジラ』からの流れを受けて、ストーリー的にも設定的にも関連はなさそうな本作もなんとなく観てみることにしました。

結論としては、ちゃんと作られたSF作品だとは思いましたが、ゴジラはモチーフとして借りてきただけ、という印象でした。単に危険な巨大生物という設定に作り直してハリウッドの実写映画にしたら、そちらの方がピッタリはまりそうな気がしました。

こういう作品で、主人公が気合と根性だけで敵を倒すようなものは好みではありません。本作の主人公もどちらかというと熱血タイプですが、一応戦術理論みたいなものはあるので、"ちゃんと作られたSF"感があったのだと思います。

続編があって、エンドロールの後に予告編的な映像が流れました。完全な本作の続き(というより、本作が途中で終わっている状況)です。
なんとなく観てみた私としては、2本目もどうしても観たいというほどの熱量はないので、ちょっと困っています(^^;)。

公式サイトは、こちら。
http://godzilla-anime.com