2019年2月9日土曜日

『ファースト・マン』

★★★★☆

アポロ計画を描いた映画としては、トム・ハンクスが主演した『アポロ13』が大好きです。あれは、月面着陸というミッションは失敗しますが、次々と起こるトラブルを宇宙飛行士と地上クルーの努力で乗り切るという内容で、失敗したミッションを取り上げたところに大きな価値があると思っています。

『ファースト・マン』はアポロ11号で人類初の月面着陸を成功させたニール・アームストロングが主人公なので、これを普通にハリウッドが映画化したら、人類の偉業、科学の勝利、勇敢なる英雄、アメリカの誇り、…といったキラキラした作品にしかならないはず。ただ、そこは『セッション』『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督なので、さぞかし違う切り口の作品なのだろうという期待がありました。

結果としては、アポロ11号をテーマに、よくここまでネガティブな雰囲気漂う作品にしたなあという出来栄えでした。NASAの仕事では、時には生死に関わるほどの非常に厳しい訓練、事故による仲間の死、マスコミや世間からのバッシング、プライベートでは、娘の死、生きて帰れる保証のない仕事に取り組むことから来る家族との微妙な関係と、アポロ計画が語られるとき、普通ならあまり強調されないネガティブな要素を淡々と描写していきます。
逆に、月面着陸を実現させることが技術的にいかにすごいことなのかは、ほとんど表現されません。

主人公は、すべてを飲み込んでミッションに取り組み、家族と接している感じで、ほとんど感情を表現しないので、何を考えているのかはよくわかりません。本物のニール・アームストロングがこういう人だったのか、この作品用に作られた人物造形なのか、たぶん後者のような気がします。

あとは、手持ちカメラを多用しているのか、かなり画面がフラフラと揺れるのが印象的。ロケットの発射の際の船内の振動も思い切り画面を揺らします。でもそこがドキュメンタリーやニュース映像のようで生々しく、リアルに感じられます。
音も、ロケット噴射やその振動でガタガタ、ギシギシと大きな音をたてたかと思うと、宇宙空間ではまったくの無音になったり、かなり極端に変化します。
こういったカメラや音の使い方も新鮮で、生々しさやロケットに乗ることの恐怖感、宇宙の異世界感などを強く印象づける効果につながっているように思いました。

細かいところですが、序盤にモハーヴェ砂漠が登場します。私はMacユーザーなので、macOS MojaveのMojaveだとすぐにわかりました。

字幕監修は、日本人宇宙飛行士の毛利衛さんでした。

公式サイトは、こちら。
https://firstman.jp

2019年2月6日水曜日

『マスカレード・ホテル』

★★★☆☆

原作は読んでいません。

ホテルを舞台にした有名な映画やテレビドラマはいくつかあると思うのですが、主に宿泊客の人生に光を当てた人間ドラマといった体裁になることが多いように思います。
一方で、殺人事件の犯人探しを楽しむエンターテインメントがミステリー。
そのいいとこ取りをしたような作品でした。

たくさんの怪しい宿泊客のエピソードは、実は犯人探しとは何の関係のない場合もあって、そうした"ノイズ"をたくさん加えて観客を混乱させるのは、ミステリーとしてはちょっとアンフェアな気がします。これで、ミステリーとしての骨格がいい加減だったら納得できないところですが、本作の場合はちゃんとしていたと思います。
だとしたら、もっとノイズを減らして、ミステリーとしての骨格だけで勝負してもよかったのではないかと思ってしまいます。原作はどのようなバランスなんだろう??

木村拓哉くんは「どんな役を演じても木村拓哉」と揶揄されることがありますが、最近の演技は"木村拓哉"を抑え気味な気がしますが、周りからは若い頃の"木村拓哉"を期待する声もあるのでしょうから、さぞかし大変だろうと思います。個人的には、何年間か表舞台に出るのをやめて、ビジュアル的にも内面的にも完全におじさんになってから脇役で復帰したりすると評価されそうな気がしますが、彼の場合それは許されないのでしょうね。

最後に、木村拓哉演じる刑事と長澤まさみ演じるフロントクラークが恋愛関係に進展するような雰囲気のるシーンがありましたが、私はこの作品に恋愛はなくていいと思いました。


公式サイトは、こちら。
http://masquerade-hotel.jp

2019年1月21日月曜日

『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

★★★★★

インド映画は、東京でも上映する映画館が限られる場合が多いのですが、興味があっても映画館では観る機会がないということもあります。
この映画も、予告編などを観て気になっており、できれば観たいと思っていた作品。幸いにも比較的行きやすい映画館で上映されていたので、ここぞとばかりに観てきました。

結論としては、とてもよかったと思います。

ストーリーの骨子は極めてシンプルで、インドで迷子になった言葉の喋れないパキスタン人の女の子を、バジュランギおじさんが家まで送り届けるというものです。それを、159分の作品として、飽きさせることなく、ハラハラさせ、考えさせ、笑わせ、共感させ、感動させる仕上がりになっていると思います。

シャヒーダー役の女の子はとても可愛いビジュアルで、言葉が喋れない役なので表情や仕草だけで健気に演じています。

また、作品の中ではインドとパキスタンの関係や異宗教との関係など、インドならではの事情も描かれています。それが社会科の教科書とはちょっと違う生っぽさで、非常に興味深いです。
韓国映画にも北朝鮮が取り上げられているものがありますが、インドは映画の中でパキスタンについてこんな風に取り上げることができる自由さはあるんですね。

ただ、作中で「インドもパキスタンもない」といったセリフをパキスタンのテレビレポーターが語るという演出は、ちょっと恣意的なものを感じました。インド映画なんだから、インド人側がそういうメッセージを発信すればいいのに、インド映画でパキスタン人のそれを言わせるのは「そっちが折れないからいけないんだ」というメッセージのように思えてしまいますね。…というのは私の考えすぎでしょうか。

そう言えば『LION ライオン 25年目のただいま』もインドの迷子の話で、パキスタンとの関係にも触れていたはず。インドではよくある話なのでしょうか。

いくつか、日本の感覚では腑に落ちない点もありました。
普通、迷子を見つけたら警察に相談すると思いますし、その子がパキスタン人だとわかればパキスタン大使館にどうにかしてもらうと思います。そして、相談したのに取り合ってもらえないということは考えられないと思います。
この映画の中でもバジュランギは警察にもパキスタン大使館にも相談しているのですが取り合ってもらえません。取り合ってくれちゃうと作品が成立しないので、映画としては当然なのですが、あれはインドでも不自然な展開なのか、それともインドではよくあることなのか、そこが謎でした。


公式サイトは、こちら。
http://bajrangi.jp

2019年1月2日水曜日

『来る』

★★★☆☆

2018年11月から12月にかけて観たい作品がたくさんあり、いつにないペースで映画館に通った結果、年末公開で観たかった作品は全て観てしまったのですが、せっかく1月1日は金額が安いので『来る』を選びました。
『告白』の中島哲也監督作品なのと、黒木華さんが出演しているので、気になっていました。ただ、ホラーは好きではないので躊躇していましたが、ネットのレビューを見る限りホラーとしての怖さはそれほどでもないということなので、観てみることにしました。

実際に観てみると、ホラーじゃないということはないのですが、確かに人間の怖さの方が印象に残りました。
以前、蒼井優さん主演の『彼女がその名を知らない鳥たち』という作品が「共感度ゼロ」「全員クズ」といったキャッチコピーを掲げていたのですが、『来る』の主要キャストもかなりのクズぞろいでした。最初はいい人そうに描かれていても、話が進むに連れて裏の顔が出てきます。

普通、主人公は映画の上映時間の最初から最後まで出続けるのがセオリーですが、この作品では重要な役どころの人物が途中で退場したり途中から登場したりするので、結局誰が主人公なのか、正直よくわかりませんでした。まあ、それが悪いことだとは思いませんが。

子役の女の子は作中ではけっこうひどい仕打ちを受ける役で、この作品に出演したことがトラウマにならなければいいなあと思ってしまいました。

公式サイトは、こちら。
http://kuru-movie.jp


さて、昨年2018年に観た映画は33本でした。前年よりは10本近く減っています。まあ自分でも少し本数を減らしたいと思っていたので、狙いどおりといったところでしょうか。
一方で、星5つを付けたのが3作品ありました。『ゴッホ ~最期の手紙~』『カメラを止めるな!』『パッドマン 5億人の女性を救った男』なので、ちょっと変化球的な作品ばかりかもしれませんが、自分としては収穫が多かった1年だった印象です。

2018年12月16日日曜日

『機動戦士ガンダムNT』

★★★☆☆

当初は映画館で観るつもりはなかったのですが、なんとなく観てしまいました。

『機動戦士ガンダムUC』は一応観てはいるのですが、たいして覚えていないので、その続編といわれてもついていける自信はありませんでした。
たぶん『〜UC』を熟知していると、よりつながりがわかって楽しめるのでしょうが、私ぐらいの知識でも困ることはありませんでした。

ニュータイプという概念は、ファーストガンダムから登場します。映画版だと1作目から言葉として出てきたと思いますが、その元となる最初のテレビシリーズではかなり後半の方になるまで出てきません。富野さんはいったい、ファーストガンダム制作過程のどの段階でこの概念を思いつき、その時点ではどう定義していたのでしょうか。
結局ファーストガンダムの作中ではニュータイプが何なのか明確に語られることはなく、その存在を信じていない人もいるし、信じてないけど政治利用する人もいるといった状況。
でも、そのおかげで、今になってニュータイプを主要なテーマとしてたガンダム作品ができるわけで、作品世界を形づくる設定の重要性をあらためて感じさせられます。

では、本作でニュータイプについての「答え」が得られるかというと、やはり曖昧なままな気がします。また、魂だけで存在できるとか死者と交信できるといった、ちょっとオカルトチックな説明が出てきて、私にとってはあまり好みではない方向に向かいつつあるような気配を感じてしまいました。
今後も宇宙世紀もののガンダム作品が制作されるようですが、あまりにもニュータイプの精神世界を描く方向へ進むようだと、私はついていけないかも。

公式サイトは、こちら。
http://gundam-nt.net

『ドラゴンボール超 ブロリー』

★★★☆☆

長い歴史があるドラゴンボールシリーズは、かつての敵が仲間となり、子供が生まれ成長し、気がつけば登場人物がとんでもなく多くなっています。2時間足らずの映画作品で、彼らをみんな登場させようとするのはかなり無理があります。

そして、バトル作品の宿命として最新作には最強の敵を出さざるを得ない都合上、結局戦闘力の高い一部の登場人物しか活躍の場が与えられません。

たぶんそういう理由だと思いますが、本作では登場人物がかなり抑えられており、クリリンも武天老師も悟飯も悟天も17号もまったく出てきません。
ストーリーも極めてシンプルで、フリーザとベジータ、ブロリーの過去の因縁のエピソード以外は、ほぼバトルシーンのみです。

ブロリーというキャラクターについては、原作コミックには登場しないので、何となくいたなあ…という程度の印象しかありませんが、過去のエピソードは想像の範囲を超えるようなものではありませんでした。
そうなると、本作の見どころは結局バトルシーンということになると思います。けっこう時間も長いと思いますし、アニメーション技術的にも非常にこだわって描いているのではないかと思います。とても迫力があります。

登場人物を絞って、ストーリーをシンプルにして、バトルシーンに注力したという考え方はうまくいっていると思いますし、ネット上でも評価されているようです。
ただ、私自身はあそこまでバトルシーンを見たいと思っているかというとそうでもないので、星3つとしました。

公式サイトは、こちら。
http://www.dbmovie-20th.com

2018年12月15日土曜日

『パッドマン 5億人の女性を救った男』

★★★★★

ひとことで言うと、インド版プロジェクトXな映画です。
私は、モノづくりに打ち込む人たちのエピソードに強く共感して感動してしまう傾向があるので、この映画にもとても感動しました。
同じセンサーを持っている人は、「インド映画なんて」などと思わずに観てみるといいかも。

作品中のセリフで、物語の舞台が2001年とかなり最近であることがわかりますが、インドでは生理用品が高価で、あまり普及していなかったようです。そしてその手の話題を取り上げること自体が暗黙のタブーだったため、主人公の安価な生理用品開発は非常に苦労します。
日本の時代感覚とは少しズレがありますが、日本でもほんの数十年前まで生理用品のCMがテレビで流れることはなかったのだから大差ないと思います。

本家のプロジェクトXでは、TOTOのウォシュレットが取り上げられていたと思います。あれは、シャワーを命中させるためにターゲットの位置のデータを調べる必要があるわけですが、既存の人体寸法データにそんな数値は載っておらず、自分たちで測定したくても協力者が得られず、苦労したと聞いたことがあります。タブー領域の製品開発は常に苦労するのです。

そして、女性の生理にまつわる伝統や習慣は日本にも色々あると思いますが、海外の事情は意外と知りません(私が男性だからかもしれませんが)。インドの摩訶不思議な習慣も非常に興味深いと思いました。

最終的に主人公は国連に招かれて、超下手くそな英語でスピーチをするシーンがあります。たぶん私より英語は下手。でも、とても伝わって、それがすごくいい。ああいう下手な英語が使えるようになりたいものです(^^;)。

最近のインド映画は素晴らしく進化していると思いますが、こういう製品開発ものは初めて観ました。インド国内的にも新しいタイプの作品なのでしょうか。でも、舞台がインドというだけで明らかにインド映画ですし、やっぱり途中で歌が始まるお約束もあるし、喜怒哀楽のあらゆる感情が表現されている感じもインド映画。そのまま、ハリウッドのコピーにならずに進化し続けてほしいものです。

公式サイトはこちら。
http://www.padman.jp/site/

2018年12月4日火曜日

『人魚の眠る家』

★★★☆☆

※ネタバレ情報を含んでいると思いますので、ご注意ください。

ひとことで言うと、脳死と臓器移植がテーマの作品ですが、何だかん見ていて辛くなる作品。

我が子が脳死状態に陥っても、それを死とは受け入れられずに、臓器提供を拒絶する親、というところまでは、様々な医療ドラマなのでもよくあるシュチュエーション。

ここから、親たちがテクノロジーの力を借りて、脳死状態の我が子に細工を施すあたりから、この作品独自のおそろしさが始まります。
しかも、最初のきっかけはさほど異常性を感じないのに、徐々にエスカレートしていくと周りも巻き込んで感覚が麻痺していき、気がつけばマッド・サイエンティストのような状況に。

私は基本的にはテクノロジー肯定派ではあるのですが、テクノロジーが下手に選択肢を増やし期待を持たせてしまうと、かえっておかしなことになるという、困った側面を見せられた気がします。

タイトルの「人魚」は、プールでの事故で子供が亡くなったことにかかっているような、「人形」にもかかっているような気がしました。

公式サイトは、こちら。
http://ningyo-movie.jp

2018年12月1日土曜日

『日日是好日』

★★★☆☆

黒木華さんという女優さんがとても好きなのですが、このところ彼女の出演映画が立て続けに公開されています。さすがに全部観る気はないので主演作である『ビブリア古書堂の事件手帖』だけを観ようと思っていました。

『日日是好日』も黒木さん主演ですが、ちょうど樹木希林さんが亡くなったのと公開時期が近かったこともあり、どちらかというと樹木希林さんの作品という印象だったので観ないつもりでした。それが、最初の公開から少し遅れて近所の映画館で上映し始めたので、やっぱり観に行くことにしました。

結果的には、やはり樹木希林さんの作品だと思いました。本当に自然で、どこまでが演技なのかわからない感じでした。
例えばお茶の生徒の振る舞いを見て「うん、うん」とうなずくような場面で、普通セリフを効かせるのであればそれなりのボリュームではっきりと「うん、うん」と発話するし、黙ってうなずくのであれば声は出さない、という芝居になると思います。
それが、この作品の樹木さんは、明らかに聞かせる演技としては小さい音量で、たまたま口から音が漏れたような「うん、うん」でした。でも実際、人はこういう曖昧なアクションをすることも多いので、樹木さんの芝居はとても自然で、演技っぽくない印象になるのだと思います。

ストーリーは、黒木さん演じる主人公が20歳でお茶を習い始めてからの二十数年間が描かれていますが、特に大きな起承転結はなく、ロードムービー的な展開でした。
それが、理屈で考えず手が勝手に動くまで反復練習するという、茶道の学び方とシンクロしているような気がしました。様々な季節の庭の草木のカットなども、流れ行く月日を感じさせてくれるいい味付けになっていたと思います。

個人的にはロードムービーはあまり好きではありませんが、何となくいい時間を過ごさせてもらえたと思えるような作品でした。

公式サイトは、こちら。
http://www.nichinichimovie.jp

『ムトゥ 踊るマハラジャ』

★★★★☆

20年ほど前、初めて観たインド映画が『ムトゥ 踊るマハラジャ』で、ただただカルチャー・ショックでした。
それ以前から、タモリさんが「インド映画はやたらと長い」「突然ダンスシーンが始まる」などとテレビで話しているのを聞いたことがあったのですが『ムトゥ〜』を観て「ああ、こういうことだったのか」と納得しました。

『ムトゥ〜』はコメディ色が強いので笑いの要素は多いのですが、それ以外にも映像や編集の荒っぽさや、ギャグのくだらなさ、ストーリーの強引さ、演技の臭さなどに失笑してしまうこともありました。音楽も強烈で、インドの民俗音楽とテクノを融合したような、他では聴いたことがないようなものでした。一体どこまでが本気なのか、どこまでが狙いなのか、まったくわからない作品でした。

それ以来、インド映画には何かとんでもないパワーがあるように思えて、日本で上映される作品はなるべく観るようにしてきましたし、『ムトゥ 踊るマハラジャ』はビデオを買い、DVDを買い、CDも買いました。

そんな思い出深い作品が4K&5.1chデジタルリマスター化されたというので、何の躊躇もなく観に行きました。

DVDも長らく観ていなかったので、「ああ、こんな感じだったなあ」と懐かしさを感じましたが、正直言って4K&5.1ch化された効用はほとんど感じませんでした。
画質は、おそらく見比べればきれいになっているのでしょうが、どちらかというと画面の粗さを4Kで忠実に再現した印象でした。音楽は5.1chに分離されたせいか、楽器の音色がCDと少し違うような感じもしました。
そして、このデジタルリマスターによって、この作品の持つパワーが格段にアップしたかというと、特にそんなことはないと思います。逆に言えば、この作品のエネルギー源は画質でも音質でもないということだと思います。
結局、デジタルリマスター化は、最新の映像フォーマットに合わせたという以上の意味はないように思います。

主人公ムトゥと同じ使用人仲間で、テーナッパンという小太りの男が作中に登場するのですが、この人の声が甲高くて、非常に耳障りでした。当時の私は、録音技術がよくないために音が割れているのではないかと思いました。
デジタルリマスター版ではどう聞こえるのか気になっていましたが、結果はやはり耳障りでした(^^;)。まあでも、音が割れているわけではなさそうなので、そんな風に聞こえる声なのでしょう。

あらためて観た『ムトゥ 踊るマハラジャ』は懐かしく、相変わらずの破壊力でしたが、同時にこの20年間のインド映画の進化も感じました。最近のインド映画は、映像、音、ストーリー、演出、演技、どれをとっても非常に洗練されています。それはハリウッド的になったということでもあります。それと比べると『ムトゥ〜』は明らかに野暮ったいと思います。
今のところ、インド映画はハリウッド的要素を取り入れつつもインドらしさを保ってうまく進化している印象ですが、インドらしさを失ってしまうと存在意義が薄れてしまいます。その失ってはいけないインドらしさが『ムトゥ〜』には結実していると思います。

公式サイトは、こちら。
http://www.muthu4k.com