2018年1月30日火曜日

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第四章 天命篇』

★★★☆☆

これから観る人のために情報を伏せてしまうと何も書けないので、とりあえず公式サイトに書かれている程度は話の内容に触れます。

今回は、デスラー戦、ゴーランド戦、ザバイバル戦と、割と戦闘中心。
『〜2202』は『さらば〜』の設定、『〜2』の設定、そのどちらでもない設定が混ざっているので、観ながら「ここは『さらば〜』か」「ここは『〜2』」などと意識します。で、どの戦いにもどちらでもない要素が入っていて、新鮮ではあるのですがオリジナルと違いすぎる気がすることも…。

12話で白色彗星と直接対峙するのですが、なぜこのタイミングだったんだろう?ちょっと唐突な気がするし、早すぎる気がしました。『〜2202』の全体を通した謎として「ガトランティス人とは?」というのがあり、少しずつ明らかになってきていますが、どうも自分としてはまだピンとこない感じです。

星4つにしなかったのは感覚の問題ですが、たぶんその辺りが影響している気がします。

『〜2202』で気になっていたこととして『〜2』のようなテレサと島のラブロマンスがあるのかどうか。とりあえず『〜2202』のテレサは服着ていないし、反物質的な存在なので、それはなさそう。個人的にはその方がいいです。

気がつけば『〜2202』も第四章で14話まで進み、ほぼ半分。テレサ発見までに使った話数は『〜2』とほぼ同じ。その割に『〜2』で感じたようなストーリーの引き伸ばし感はなかった気がします。

14話のラストも、『さらば〜』とも『〜2』とも違う展開で、先が読めない終わり方でした。


公式サイトは、こちら。
http://yamato2202.net

0 件のコメント:

コメントを投稿