2017年12月30日土曜日

『バーフバリ 王の凱旋』

★★★★☆

インド本国で歴代最高の興行収入成績を叩き出したというインド映画。2部構成の2部目。

インド映画が日本で公開されるときは、なるべく観に行っているのですが、1作目の『バーフバリ 伝説誕生』が公開されたときはまったく気づかず、後で動画配信で観ました。
その内容が面白かったので、2作目は絶対映画館で観ようと決めていました。

いやあ、すごかった!!星5つに限りなく近い星4つ。
ひとことで言うと歴史大河ものということになると思いますが、おそらく史実には基づいていないフィクションだと思います。基本的なストーリーは王族内での権力闘争で、ドロドロしているし残酷なシーンもちらほらありますが、そこはインド映画、とにかくド派手です。

話の展開がジェットコースターのようで、今のバーフバリの時間軸とその父親のバーフバリの時間軸が両方出てくるので、結構めまぐるしいです。
主人公のバーフバリは、スーパーサイヤ人か?!とツッコミたくなる超人的な強さで、しかも正義感にあふれ民にも優しいというスーパーヒーロー。
話の展開も主人公のキャラクター設定も、かなりリアリティに欠けるというか振り切っちゃってるのですが、それもインド映画なら許せてしまいます。
インドでは、お客さんが興奮して叫び声をあげたりするそうですが、この映画はさぞ絶叫がすごかったことでしょう。

インド映画ならではの踊りのシーンもあることはありますが、最近のインド映画はどれも結構控えめな気がします。あるいは、日本上映版はダンスシーンをカットして上映時間を短くしているかもしれません。

インド映画はクセがあるのでなかなか万人にオススメできるものではないのですが、異質のエンターテインメントを楽しみたい(楽しめる)方は、一度体験してみるといいかも。


公式サイトは、こちら。
http://baahubali-movie.com

0 件のコメント:

コメントを投稿