2017年12月10日日曜日

『クボ 二本の玄の秘密』

★★★☆☆

日本を舞台にしたアニメーションで、世界での評価が高いというので、気になって観てみました。

一応星3つにはしたのですが、自分としては2.5ぐらいで、あまりピンとこなかったというのが正直なところです。

時代設定はよくわかりませんが、侍がいる時代の日本が舞台で、かなり色々と調べて作ってあることは想像できますが、近づけば近づくほどちょっとしたゼスチャや言葉の言い回しに西洋的なものが入っていると気になってしまいます。

映像的には、ストップモーションアニメとCGを混ぜ合わせたような作り方をしているようですが、映画を観た後で公式サイトを見て、そういえばストップモーションアニメだったと思い出したぐらいに自然でした。でもこれはいいことなのか悪いことなのかわかりません。行き着くところまで行くと、ストップモーションアニメと3DCGアニメは区別がつかなくなり、そんなことはどうでもいいことになりそう。

ということで、海外の人が日本を一生懸命研究して作ったことや、ものすごく手間のかかるストップモーションアニメであることなど、制作の裏側の苦労を含めると素晴らしいと言えると思いますが、普通に観ると普通の作品に見えてしまいました。

この作品、一番行きやすい映画館が新宿バルト9で、今回初めて利用しました。ビルの9階なのですが、1階にすごい行列ができていて、エレベーターでお客さんをピストン輸送している状況。スタッフの案内も初めて利用する私にはイマイチよくわからず。上映時間が迫っていたこともあり、焦りました。結果、ちょっとネガティブな印象が残ってしまいました。


公式サイトは、こちら。
http://gaga.ne.jp/kubo/

0 件のコメント:

コメントを投稿